フィギュアの制作記とか購入記とかアニメとかマンガとか。。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このブログをはじめて1ヶ月。
    原型の進捗を載せるつもりが、食玩やPVC完成品の写真ばかり
    載せているブログになってしまった。。

    写真撮影に関して、まったくの「ど素人」なのですが、
    ネットで見て自分でも出来そうな予感がしたので、
    フィギュア撮影用のブースを作ってみました。

    アスカ試しに撮影


    本格的な撮影ブースを購入すると結構なお値段が
    するみたいなのですが、材料は100円ショップで揃ってしまうので、
    お手軽に作ってみたいという方。参考にどうぞー

    ☆以下制作、利用方法について紹介していますが、
      利用される際は、自己責任でおねがいしますー。

    続きを読まれる方は「続きを読む」をクリック!

    今回参考にしたのはAllAboutの記事


    <材料>
    ・メッシュ素材の折りたたみボックス
    ・不織布製の着物入れ袋
    ・フエルト生地


    あとはハサミと両面テープでOK!という手軽さ。

    材料

    地元のダイソーに買いに行ったところ、
    「着物入れ袋」と「フェルト」は入手できたのだが、
    「折りたたみボックス」だけが手に入らなかった。

    しかたないので、似たようなものを探して
    「食卓カバー」で代用。
    食卓テーブルの上にかかってるカヤみたいなやつね。
    小さい頃や田舎に帰省した時に虫よけで使ってたり
    してたけど、まだ売ってたんだねー

    <作り方>
    1.開いた食卓カバーの外にカットした着物入れ袋を
     両面テープで貼り付ける。

    2.食卓カバーの底辺を物が置けるように設置し、
     中のサイズに合わせ適当な大きさにカットした
     フエルトを配置。


     これで完成~

    模型を作っている人だと手元を照らす蛍光灯やライトを
    設置している場合が多いと思うのですが、
    その蛍光灯の明かりをブースに使う。
    (蛍光灯の熱がブースの布に当たると発火する恐れも
     あるので、近づけすぎず注意してくださいね。)

    完成図がこれ
    完成

    ざっくり作ってしまったので、見た目はプゲラな感じです。
    もう少し丁寧に作ると見栄えがよくなると思いますよ。

    ちなみに写真ではフエルトは横が左右壁面に付いてますが、
    生地のたわみが撮影に影響するので、後で端を折りました。

    また、今回はグレーですが、フエルト生地の色を変えるだけで
    様々な表現が可能かと。。

    蛍光灯は上と横どちらかから当てて明るさを出します。
    (個人的には横からがスキ)
    ちなみに試し撮りしたのはコレ

    試し1
    試し2
    試し3

    写真は「ピンキーアスカ」と、自分が初めてフルスクラッチにチャレンジした
    「かんなぎ ナギ」(塗り途中、パーツ足んないし。。)
    と先日のブログでも紹介した「オトモアイルー」

    結構照明の当て方で雰囲気が変わるみたいです。
    カメラ詳しくないけど、奥が深そうだなー(汗

    最後はこのように折りたたんで、収納もらくらくです。

    収納も楽

    食卓テーブルがダイソーなのに300円だったけど、
    500円ぐらいでお手軽に写真撮影が楽しめますよ。
    ぜひお試しくださいませ。

    次のエントリーでは早速ブースを使用して
    PVCの完成品レビューをご紹介します。^^


    追記を閉じる▲

    今回参考にしたのはAllAboutの記事


    <材料>
    ・メッシュ素材の折りたたみボックス
    ・不織布製の着物入れ袋
    ・フエルト生地


    あとはハサミと両面テープでOK!という手軽さ。

    材料

    地元のダイソーに買いに行ったところ、
    「着物入れ袋」と「フェルト」は入手できたのだが、
    「折りたたみボックス」だけが手に入らなかった。

    しかたないので、似たようなものを探して
    「食卓カバー」で代用。
    食卓テーブルの上にかかってるカヤみたいなやつね。
    小さい頃や田舎に帰省した時に虫よけで使ってたり
    してたけど、まだ売ってたんだねー

    <作り方>
    1.開いた食卓カバーの外にカットした着物入れ袋を
     両面テープで貼り付ける。

    2.食卓カバーの底辺を物が置けるように設置し、
     中のサイズに合わせ適当な大きさにカットした
     フエルトを配置。


     これで完成~

    模型を作っている人だと手元を照らす蛍光灯やライトを
    設置している場合が多いと思うのですが、
    その蛍光灯の明かりをブースに使う。
    (蛍光灯の熱がブースの布に当たると発火する恐れも
     あるので、近づけすぎず注意してくださいね。)

    完成図がこれ
    完成

    ざっくり作ってしまったので、見た目はプゲラな感じです。
    もう少し丁寧に作ると見栄えがよくなると思いますよ。

    ちなみに写真ではフエルトは横が左右壁面に付いてますが、
    生地のたわみが撮影に影響するので、後で端を折りました。

    また、今回はグレーですが、フエルト生地の色を変えるだけで
    様々な表現が可能かと。。

    蛍光灯は上と横どちらかから当てて明るさを出します。
    (個人的には横からがスキ)
    ちなみに試し撮りしたのはコレ

    試し1
    試し2
    試し3

    写真は「ピンキーアスカ」と、自分が初めてフルスクラッチにチャレンジした
    「かんなぎ ナギ」(塗り途中、パーツ足んないし。。)
    と先日のブログでも紹介した「オトモアイルー」

    結構照明の当て方で雰囲気が変わるみたいです。
    カメラ詳しくないけど、奥が深そうだなー(汗

    最後はこのように折りたたんで、収納もらくらくです。

    収納も楽

    食卓テーブルがダイソーなのに300円だったけど、
    500円ぐらいでお手軽に写真撮影が楽しめますよ。
    ぜひお試しくださいませ。

    次のエントリーでは早速ブースを使用して
    PVCの完成品レビューをご紹介します。^^

    【2009/03/31 11:06】 | 日常
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。